履歴情報

 

人形供養~大切な思い出~

西尾市眞正寺(若山真洋住職)で四月十一日、三河声明師会主催の【人形供養】が行われました。

天候にも恵まれ、眞正寺境内にて、眞正寺住職を御導師に迎え、三河声明師会所属の三河日蓮宗僧侶十一名と共に厳修されました。

 三河各地よりお預かりした、雛人形や五月人形、ぬいぐるみ、古くなった位牌や小仏壇。読経、お清め、祈祷と抜魂報恩の法要を勤めました。

 三河声明師会会長 林海靖上人(豊田市妙見寺住職)は「色んな思いがこもっているが故に、気軽に捨てることが出来ないものが誰にでもある。捨てる為の人形供養ではなく、気持ちよくお別れができる場にしたい。来年も開催を予定している。」と語った。

1_R2_R
3_R4_R
5_R6_R
8_R7_R

           (内野智翔通信員)

「パソコンで寺報作り」をテーマに教師研修会を行いました

 伝道教化センター(伊藤智淳センター長)は二月二十一日、宗務所(田原市法華寺内)にて教師研修会を行った。

 テーマは「パソコンで寺報作り」で、教師十名が参加。講師に中島浩幸氏を招いた。氏は、三河宗務所がHPを立ち上げる際に御尽力をいただいた方でもあり、その懇切丁寧な説明に皆納得している様子であった。

 氏は「操作を覚えてから寺報作成をするのではなく、作成しながら操作方法を覚えることが上達のポイント」とアドバイスをしていた。伊藤センター長は「寺報は檀信徒とお寺の距離を縮める効果的な布教方法。今日の研修が今後の参考になれば」と述べた。

(内藤潮城通信員 )

    

平成27年度 歳末助け合い募金運動を行いました 

 社会教化事業教会(西尾市本縁寺住職・内藤祐清会長)は12月12日、歳末助け合い募金運動を愛知県西尾市「いこいの農園」にて行いました。

 いこいの農園では、寒風が吹きさす中、年末年始の家々で華やかに飾られる生花、盆栽を買い求めに訪れる人々で賑わいをみせている。募金協力のお声がけをしている最中、募金に協力して下さった方から頂く暖かいお言葉に心が温まります。 その際に、大人には宗務院で発行しているリーフレットを、子供にはお題目が書かれている短冊のついた色とりどりの風船を用意し、布教活動にも努めていました。

image1image2

 内藤会長は「20年以上継続している活動。これからも大切にしていきたいと思います。」と語りました。

 集まった収益金は西尾市社会福祉協議会へ寄付されます。

(内野智翔通信員)

交通安全安穏を願い

 三河修法師会(石橋卓定会長)は10月7日に、法華寺(豊田慈證住職)で秋の交通安全の祈祷を行いました。

 この行事は毎年秋に開催されており、当日は修法師会の僧侶9名と管内の檀信徒が参加した。境内において参拝者の車両へ御祈祷の後、申込み者への交通安全祈願祈祷、堂内において交通事故で亡くなった方への回向がされた。

 交通安全1_R 交通安全2_R

(内野智翔通信員)

自分に出来る修行を一所懸命に

愛知三河青年会(若山真幸会長)は1月11日に愛知県眞正寺(若山真洋住職)の、位牌堂供養会に出仕しました。出家・在家合わせて8名が参加しました。

眞正寺に新たに建立された位牌堂。堂内日蓮聖人の御像の眼前に一列に座り、共にお経を読み、お題目をお唱えしました。

出仕した青年僧は、「お坊さんだけでもなく、檀信徒の方だけでもない。僧俗一体となって、ご先祖様のご供養の御経、お題目をお唱え出来たことが大変有り難かったです。」と語っていました。

眞正寺寒行_R

(内野智翔通信員) 

愛知三河日青会(若山真幸会長)は1月5日に愛知県妙進寺(伊藤智淳住職)の平成29年度寒中修行に出仕しました。出家・在家合わせ30名参列しました。

寒さ厳しい中、午後7時から1時間、「お自我偈」を転読し、お題目を唱えます。妙進寺では、毎年寒中の毎晩、檀信徒と共にお勤め修行を行っています。

伊藤住職は、「寒い中、それも毎夜の修行です。自身の体調と相談して、その時出来る修行を一所懸命にお勤めください」と檀信徒に話していました。

 妙進寺寒行_R

(内野智翔通信員)

平成28年度 檀信徒協議会・研修会

 三河宗務所(内藤潮耀所長)は7月8日に長満寺(内藤潮耀住職)で、平成28年度檀信徒協議会を開催しました。管内18寺院から僧侶、総代、護寺会長、56名が参加しました。

 活動報告・計画の報告を受けた後、『日蓮聖人御降誕800年について』と題し、光岡潮慶師(名古屋市栄立寺住職)と服部巧顕師(名古屋市圓乗寺住職)に講義を賜りました。

 参加した檀信徒は「今回が初めての参加。写真と合わせての説明だったため、宗務所の事業がどんなものなのか、見て聞いて知ることが出来、非常に有意義でした。」

 内藤所長は「御降誕800年に向けて、僧俗一体となり取り組んでいきたい」と述べました。

 IMG_20160708_100535 IMG_20160708_103834

 IMG_20160708_130126 IMG_20160708_132315

                      (内野智翔通信員)

お寺と若者とご縁 ~繋がるこころとからだ~

 三河宗務所(内藤潮耀所長)は2月21日に岡崎長徳寺(小幡潮照住職)で、平成27年度檀信徒青年会を開催しました。

 本堂にて写経とヨガを企画。三河管内寺院に縁のある若い親子を募集し、親子26人が参加しました。

 写経では、僧侶からお清めのお香やマスクをつける等簡易作法の説明を受け取り組みます。時間内に写し終わらない場合、持ち帰って後日各菩提寺に納めることとなっています。

DSC00722

 ヨガでは、外部より「親子ヨガ」の講師先生をお招きし「こころとからだは繋がっている」のテーマで行った。先生の巧みな話術や指導により、子供のみならず親御さん達も始終笑顔でヨガに取り組んでいました。

DSC00732

 参加者の中には初めてお寺に入ったという方もいましたが、帰りの際自然と合掌をし挨拶をして帰る親子も。

 内藤所長は「お寺に若い親子が関わることは、とてもありがたいことだと思う。今回頂いた若き世代との縁を大切にしていきたい。」と述べました。

                      (内野智翔通信員)

 

荒行僧と共に行う節分会

西尾市眞正寺(若山真洋住職)で三月三日、節分祈祷会が行われました。

例年眞正寺では、月遅れの三月に荒行僧を招き節分祈祷会を行っています。本年は、愛知尾張の吉田友謙上人、三河の内藤潮城上人をお招きしました。

写真3_R

 春の陽気に包まれながら、大勢の檀信徒と共に、午前中には報恩読誦会にて一緒にお経を読み、皆で昼食をとった後、午後から節分祈祷会、特別祈祷が執り行われました。

写真2_R写真1_R

 参列した檀信徒は「自分にとって今日が一年の節目。昨日までの一年間に改めて感謝し、今日からの一年間に日々感謝してゆきたい。」と笑顔で語った。

           (内野智翔通信員)