三河修法師会、秋の交通安全祈祷を行う

 三河修法師会(石橋卓定会長)は十月六日、秋の交通安全の祈祷を、同管内の松林寺(森和法住職)にて行った。

この行事は毎年秋に開催されており、当日は修法師会の僧侶六名と管内の檀信徒二十名が参加した。堂内において交通事故で亡くなった方への回向がされた後、申込み者への交通安全の祈祷、さらに境内において参拝者の車のお祓いが行われた。
石橋会長は「愛知県は交通事故が非常に多い県。事故を無くすことが平和に繋がり、亡くなった方への供養にもなる。これからも継続していきたい。」と語った。

(内藤潮城通信員)