米山寮の除草作業ボランティアを行いました

 社会教化事業教会(内藤潮耀会長)は十月十六日、岡崎市「社会福祉法人米山寮」にて、除草作業のボランティアを行った。

 この日は会員四名が参加。「米山寮」には目に障害を持つ児童、及び様々な理由で保護者と一緒に暮らすことができない子どもたちが暮らしている。三河社教会は、毎年同施設を訪問し、除草作業や清掃などのボランティアを行っている。また、作業のボランティアだけではなく、農家の方から野菜を大量にいただいたときにも同施設に届けている。
この日も各寺院よりお菓子などを持ち寄り、三河社教会からの寄付金と共に手渡しをした。

 作業を一緒に行った米山寮副理事長の天野俊光氏は「毎年皆様には本当に感謝しています。施設所員だけではとても作業ができないので本当に助かります」、内藤会長は「社会に御奉仕させていただく貴重な機会、これからも継続していきたい」と話していた。

(上片平誠友 記)