AED取扱講習を受講しました

 伝道教化センター(伊藤智淳センター長)は十月十九日、蒲郡市消防本部にてAED取扱講習を受講した。

 この日は教師八名が参加。消防士による説明の後、人体模型を救助者にみたて実際にAEDを使用する訓練を行った。講習生は「もしもし、聞こえますか、大丈夫ですか。」と模型に緊迫した様子で声をかけ、周りに助けを求めるなどして熱心に訓練を行っていた。

 講習生は「AEDの取扱は簡単だが、いざ緊急時となると素早く行動できるか不安。それを解消するために、継続的な訓練が必要だと感じた。今日はよい一歩を踏み出せたと思う。」と話していた。

(内藤潮城通信員 )