平成27年度 檀信徒協議会総会 長満寺にて開催

  平成27721日、三河 長満寺において「平成27年度檀信徒協議会総会」が開催された。三河各寺院の総代58名が出席した。

  午前中に行われた総会では、三河宗務所 檀信徒協議会 会長 新實達夫氏による、「第62回全国檀信徒協議会総会」の報告をして頂いた。次いで、平成26年度の活動報告・平成27年度の活動計画について報告がなされた。

 

  午後は、本堂にて研修会。今回は、田原市法華寺御山主である豊田慈證上人による高座説教。『お題目結縁』と題し、お話し頂いた。参加者の約半分が、初めて日蓮宗の高座説教を聞くこととなった。お説教の中で豊田上人は、私たちを取り巻く「縁」について。また、その「縁」といかように向き合っていけばよいのか、受け止めればよいのか。法華経の一節、御妙判について、分かりやすく、耳心地の良い例え話、時に場の笑いを誘うお話を織り交ぜ、お話しされた。

 

  高座説教を聞き終えた参加者は「あっと言う間の一時間半だった。ありがたいお話を聞けてよかった。自分は色んな縁に支えられて、生かされているということを忘れず、これからもお題目を唱えてゆきたい」と笑顔で語った。