名稱(めいしょう) 日蓮宗(にちれんしゅう)
宗祖(しゅうそ) 日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)
開宗(かいしゅう) 建長5年4月28日(西暦1253年・鎌倉時代)
本仏(ほんぶつ) 久遠実成本師釈迦牟尼仏
(くおんじつじょうほんししゃかむにぶつ)
本尊(ほんぞん) 大曼陀羅御本尊
(だいまんだらごほんぞん)
経典(きょうてん) 法華経(妙法蓮華経)
ほけきょう(みょうほうれんげきょう)
題目(だいもく) 南無妙法蓮華経 (なむみょうほうれんげきょう)
教義(きょうぎ)  日蓮宗は法華経(妙法蓮華経)と日蓮大聖人の教えをよりどころとする教団です。

 日蓮大聖人は、数多くある経典類の中で法華経(妙法蓮華経)こそがお釈迦さまの最高の教えであるとしました。法華経に説かれている久遠実成釈迦牟尼仏を本師と仰ぎ、日蓮大聖人自らはお釈迦さまから法華経布教を託された仏使であるとの自覚に立ち、法華経の教えに基づいて末法の世を救済するために「法華経の行者」として生涯を捧げられました。

 したがって、お釈迦さま(久遠実成本師釈迦牟尼仏)と法華経(妙法蓮華経)と日蓮大聖人こそが、日蓮宗宗徒が帰依すべき仏・法・僧の三宝となります。

 日蓮宗の宗義は、法華経の真髄が込められたお題目「南無妙法蓮華経」を唱え弘めることにより、やがて世界平和と人類の幸福ひいては個人の幸せが得られると確信できる教えであります。